注文住宅と建売住宅の違い|自分の理想のマイホームをゲットしよう

住宅

建売住宅の購入の流れ

住宅

自分の城であるマイホームの購入を夢見ている人は多いでしょう。マイホームを購入する際には事前に、住宅の種類を把握しておくと購入が楽です。まず戸建て住宅を購入する際には種類があるということを把握しておきましょう。1つめは注文住宅です。注文住宅は自分が指定した間取りで家造りを行なうことが出来ます。そして2つめは建売住宅です。国内ではこの戸建て住宅で住宅を購入することがとても多いです。建売住宅は建物のオーナーがデザインや配置を決めて建築した住宅を、土地と一緒に購入することが出来るタイプになります。建売住宅は分譲住宅と呼ばれることもあります。

建売住宅の購入の流れとしては、まずは自分が住みたいと思う物件を探すことから始めます。物件探しの方法としては不動産屋さんに相談するのが一般的です。最近ではネットでも簡単に物件情報を収集することが出来ます。物件に目星がついたら実際に住宅が建つ場所を見学しておくといいでしょう。周辺環境の調べることが出来ますし、交通の利便性を確認することにもなります。また建売住宅の場合、モデルハウスの見学会を開催していることも珍しくないです。見学会には積極的に参加すると良いでしょう。実際に見学をして購入の決意が定まったら、早速申し込み書に記入します。申込書に記入後、住宅ローンを組む人は銀行に赴いて審査の申し込みをしましょう。住宅ローンの審査が無事に通過したら、いよいよ本契約となります。契約の際には重要な説明を受けるため、しっかりと内容を確認しすべての条件に納得した段階で契約を行なうのが無難です。